Extyy

動物生理学研究室

動物において水分・電解質代謝調節は、動物において重要で基本的な恒常性調節機構である。鳥類の水分・電解質代謝調節は、哺乳類と類似している点もあるが、異なる面も多くあり、特に腎機能に着目し研究を行っています。 鳥類の免疫生理学的研究

託見 健(動物生殖生理学研究室2)→作成中 高崎浩幸(動物社会生態学研究室)→こちら 高橋亮雄(動物分類学・古脊椎動物学研究室)→こちら 中本 敦(動物保全学研究室)→こちら 名取真人(動物比較解剖学研究室) →こちら

東邦大学理学部 生物学科の研究室のご紹介。

魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類などからなる脊椎動物を研究対象として、そのかたちの進化・多様化の背景にあるメカニズムを比較生物学(比較形態学、比較発生学、比較ゲノム学、分子系統学など)のアプローチから明らかにし、脊椎動物の進化史を総合的に理解したいと考えています。

笹本先生は、実験動物(マウスとラット)を使用して雌の卵巣における卵胞発育・排卵のメカニズムといった生殖生理学の基礎的研究を進められ、その研究業績を国際学術雑誌に積極的に紹介し、本学獣医生理学研究室の名が国際的に知られることとなり

研究の特徴 本学の研究体制は、従来の小講座(研究室)に分散して個別に行うという旧来型のものではなく、教員が所属を超えて自由な発想のもとに編成する目的別研究プロジェクトを立ち上げ、オープンラボで研究するという欧米スタイルを取り入れています。

放射線植物生理学研究室; 免疫制御研究室; 食の安全・安心・健康領域; 動物細胞制御学研究室; 応用生命工学専攻. 生物情報工学研究室; 分子生命工学研究室; 分子育種学研究室; 醗酵学研究室; 酵素学研究室; 微生物学研究室; 細胞遺伝学研究室; 応用微生物学

実験資源動物科学(附属牧場) 兼担研究室: 動物育種繁殖学、獣医解剖学、獣医生理学、比較病態生理学、実験動物学(獣医学専攻) 食品病原微生物学(附属食の安全研究センター) (関連施設) 附属動物医療センター

研究室に興味ある人は、毎週土曜日の9時半から行っている研究ゼミに参加してみて下さい。 10人の3回生が動物細胞工学分野に配属されました。詳しくは、メンバーのページで。 動物細胞工学分野と食品機能学教育分野の合同hpになりました。

現在の研究室の特色はこの時期から形成されたと言えるでしょう。その後、葛西隆則教授(1994~97)、青山頼孝教授(1997~2003)となり、実験動物を使った栄養生理生化学的な個体レベルの研究を中心に行ってきました。

伴侶動物学研究室ではマウスをモデル動物として用い、このような社会性の発達に関するメカニズムの解明、また幼少期の母子関係に障害が起こってしまった場合の治療方法開発の研究を行います。

明治大学のオフィシャルサイトです。大学案内、受験生向けの入学案内、在学生向けコンテンツ、また一般の方向けの公開講座情報など、明治大学に関する情報をご覧頂けます。

アメフラシやウミフクロウ、モノアラガイ、オオグソクムシなど多様な無脊椎動物を実験動物として、行動とそれを支える内臓運動の神経制御機構についてニューロンレベルで解析する生理学的研究を行

私の研究グループで行っている研究が、水圏動物学研究室の他の先生や動物科学専攻の他の先生方の研究と異なる特徴は、 水圏動物学研究室 神経生理学研究グループ(阿部) WordPress.com Blog.

2017/9/21-23 (公社)日本動物学会 第88回 富山大会が富山県民会館(富山市新総曲輪)で開催され、当研究室から、植木龍也、森下文浩、トリ・クストノ・アジ、村上 翠の4名が参加して研究発表をしました。 それぞれの演題は以下の通りです。

植物生理学 分子生物学 生化学 研究者情報 担当科目 ホームページ 神大の先生 神大の研究室: 大平 剛 [教授] 分子内分泌学 動物生理学 研究者情報 担当科目 神大の先生 神大の研究室: 金沢 謙一 [教授] 進化生物学 古生物学 機能形態学

教員 研究室 研究テーマ 研究分野; 石田 貴文教授 メールアドレス: 人類生物学・遺伝学研究室: 適応と人類の多様性(種内の研究)とヒト化と人類の特性(種間の研究)

私たちの分野であつかう動物たち 写真をクリックすると、それぞれの動物を使った研究の紹介へジャンプします. CONTENTS > Introduction ・・・研究室紹介、学生の進路状況など. Staffs & Members ・・・教員、学生の紹介

北海道大学 大学院獣医学研究院・獣医学部ウェブサイトです。概要、公募情報、講演会・セミナー情報、研究室や付属動物病院の案内を掲載しています。

東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系の研究室と研究テーマページ。 動物と微生物、および微生物群集間の共生機構を、シングルセル・ゲノミクスなどの先端技術と分子生態学を駆使して解明する。 分子生理学;

獣医生理学教室では哺乳類における個体および種の維持機構の解明という観点から、「成長と生殖の分子機構」をメインテーマに、神経生物学的あるいは細胞生物学的研究手法を取り入れた幅広い研究を展

ようこそ動物機能学研究室へ! 当研究室では、動物の生体機能、生理機能に着目し、<研究テーマ①>脳・神経に注目した食欲・エネルギー代謝調節 、<研究テーマ②>腸内細菌の機能と疾患との関連について研究しています。 そして、①②に作用する食品成分や乳酸菌、製剤を利用して

昭和47年(1972年)畜産学科設置(家畜育種学講座、家畜繁殖学講座:当研究室の前身、家畜栄養学講座、家畜生体機構学講座) 数回の改組を経て、平成9年(1997年)動物生殖生理学分野、平成15年(2003年)生殖生物学分野と改名し、現在に至る。

動物看護の幅広い学び バリエーション豊かな研究室. 動物看護学は生物学、化学、心理学、社会学など多角的なアプローチによって探究され、専門分野を越えて共同研究が行われるクリエイティブな学問で

生命科学分野の研究室は自然館のN棟に位置し、植物学・動物学・分子生物学・生物教育学の分野からなり、教員は、当該分野の研究を行い、それらに関する講義、演習、実験を担当している。

大学院自然科学研究科自然システム学専攻 有鬚動物であるマシコヒゲムシ Oligobrachia mashikoi 生体分子生理学研究室

水圏動物学研究室 Laboratory of Fish Biology 名古屋大学大学院 生命農学研究科 動物科学専攻 ENGLISH 〒464-8601 名古屋市千種区不老町名古屋大学大学院生命農学研究科水圏動物学研究室 TEL:052-789-4079 FAX:052-789-4083

飼育下ハシビロコウの繁殖にむけたペアリング適期把握のための生理状態と行動パターンの解明. 岐阜大学応用生物科学部動物繁殖学研究室(動物保全繁殖学) インドネシアのマレーヒヨケザルの保全に向けて──謎に包まれた夜間行動の解明. 辻 大和

応用動物科学専攻とその関連研究室一覧

獣医生理学研究室 (共同獣医学科). 私たちヒトやウシ,マウスなどの哺乳動物を対象にして,健常な動物の身体の生理機構を明らかにすると共に,病気が発生する仕組みや治療法の基礎的研究を行ってい

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻は、生体分子から細胞、個体、集団レベルまでの広い研究体制をもち、総合力と独創性を兼ね備えた人材の育成を目標としています。

また、薬の安全な使用のためには、薬そのもので生体のはたらきが乱される場合の研究も必要です。研究室では、2つの方法で研究を進めています。一つは、実験動物に人工的に病気を作り、その生理機能変化を調べる方法。

進化遺伝学研究室 生態学研究分野. 植物生態学研究室; 動物行動学研究室 植物生理学研究分野. 植物生理学研究室; 植物細胞生理学研究室 動物生理学研究分野. 行動生理学研究室; 比較形態・生化学研究室 発生生物学研究分野. 実験形態学研究室; 生殖生物学

動物生態学研究室では,小型哺乳類,鳥類,爬虫類,両生類,魚類,昆虫類,ダニ類など様々な動物について,生態,行動,進化,保全の研究を行っています.研究手法に関しては,野外調査や野外における操作実験はもちろん,飼育下での実験,分子マーカーを用いた解析,分子系統樹の作製

植物生理学Ⅱ. 植物などの光合成生物が、遊離状態では危険な分子であるクロロフィルをいかにしてその有害性を抑えつつ利用しているかを解説しています。 動物分子生理学実習. 動物細胞の多彩な生理機能は多くの生体分子により支えられています。

細胞生理学研究室: 奈良 篤樹: ペプチド科学研究室: 向井 秀仁: アニマルバイオサイエンス学科: ゲノム多様性研究室: 小倉 淳: 動物分子生物学研究室: 齊藤 修: 動物生理学研究室: 永井 信夫: エピジェネティック制御学研究室: 中村 肇伸: 時空動物学研究室

十勝の広い大地で大動物を用いた実験を行っています。 この恵まれた環境で専門的な勉強(研究)を始めてみませんか? 畜産学を基盤にしたいろんな経験ができます。 学部生・大学院生ともに募集中!

細胞分子生理学研究室 . それでは,私たち高等動物はどのような仕組みで味や匂いを感じているのでしょうか。当研究室では味覚が生じる仕組みを様々な観点から研究しています。

名古屋大学細胞生理学研究センター:基礎生物学、創薬科学、医学の連携

脊椎動物間の脳の柔軟性の違いを魚と哺乳類でみる. 金子 律子 教授 生命科学部 生命科学科; 専門:神経科学、神経解剖学・神経病理学、脳神経科学、神経科学一般、基礎生物学、動物生理・行動

私のイヌもすごいが、あのフクロウもすごい。将来は動物学者か獣医になりたかった。 1996年から、宇都宮大学の農学部の、動物機能形態学研究室で働かせてもらっている(この自己紹介文を書いているのが2016年だから、もう20年になるのか・・・)。

教員のページ 川島教授 氏名 川島 知之 出身地 鹿児島県 高橋准教授 氏名 高橋 俊浩 出身地 宮城県 所属学会 日本畜産学会、日本暖地畜産学会、日本家禽学会、家畜栄養生理研究会、肉用牛研究会

岡山理科大学 理学部 生物化学科は生命の神秘を解き明かし、その力を借りて豊かな生活へ応用するバイオテクノロジーの諸分野で活躍できる人材の育成を目指しています。また、自然と調和し生命の尊厳を大切にする人間性をも育みます。

生物学専修は、生態系、個体、細胞、分子の各レベルにおいての生命現象の理解することにより、地球生態系における様々な生物の多様性とそれらをつなぐ共通メカニズムを明らかすることを目的としています。分子から地球生態系まで幅広い空間スケールを研究対象とする8つの研究室におい

私たちの研究グループでは、環境による植物の形態と成長の制御機構を、生理学、生化学、分子生物学、形態学、レオロジーなど、様々な手法を柔軟に組み合わせて解析しています。

国立大学法人 高知大学理工学部 理論生物学研究室 Faculty of Science and Technology, Kochi University 〒780-8502 高知県高知市曙町二丁目5-1

ホーム > 自然システム学類 > 研究室紹介 > 研究室. 動物・微生物生理化学研究室. 本研究室では、動物や微生物を用いて、エネルギー代謝や環境適応機構について分子レベルでの研究を行っています。

野生動物管理工学研究室. 近年、里山が荒廃し、中山間地の住民の過疎、高齢化が進み鳥獣対策が十分に実施できないなどの社会的背景から、奥山で生活していた野生動物が里山近くに出没し、その農林水産業被害額は年間200 億円に上り、深刻な社会問題となっています。

これまでの研究をさらに発展させ、植物の持つ環境応答の全貌を明らかにすることを目指しています。また、機能を明らかにした遺伝子を環境ストレス耐性作物の開発に利用する研究も行っていきます。 植物分子生理学研究室 教授 篠崎和子

水族生理学研究室 研究室の概要 魚類をはじめとする水生動物は,多様性に富んだ水環境に適応し,効率的に再生産を行うことで,現在の繁栄を享受している.環境適応や生殖の生理学的メカニズムを解明することは,水圏における生物の生存戦略を理解することばかりでなく,効率的な増養殖

Back to top