Extyy

沖縄辺野古埋め立て工事

政府が建設している那覇空港第2滑走路の埋め立て工事が全面的に中断していることが26日、分かった。海底地形を改変する行為にあたる岩礁破砕

一方、自然保護などを訴える公益財団法人、日本自然保護協会は19日、j-castニュース編集部の取材に対し、日本政府に辺野古の埋め立て工事の

沖縄県は31日、米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、仲井真弘多前知事による埋め立て承認を撤回した。撤回で

沖縄県は13日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先・名護市辺野古沖の埋め立て予定地に生息する希少サンゴについて、移植を許可する

#0316官邸前アクション ←沖縄県民大会が同日に開催されます #0322辺野古を埋めるな大林組前行動 ←埋め立て工事の会社 #0323辺野古を埋めるな駅頭一斉行動 ←市民有志も計画中 #0324辺野古を埋めるな首都圏大集会 ←池袋でデモ

沖縄のアメリカ軍普天間基地の辺野古移設に向けた海上での本体工事が今月着手されました。現場では、移設に反対する人たちの抗議活動が続い

沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設工事で、埋め立て用の土砂として大量の赤土が搬出されていることが、専門家らの指摘などから8日までに

沖縄県宜野湾市にある普天間飛行場をめぐっては、安倍政権が同県名護市辺野古への移設を強行。沿岸部の埋め立て工事を

名護市辺野古のキャンプ・シュワブ内では、新基地建設の工事が進捗している。このことに関して、元名護市議の宮城康博さん作成資料を持ち帰りました。以下・・・・・防衛省(沖縄防衛局)は新基地建設とは別事業などと言っているらしいが、そんなバカげた詭弁を許しては,これ以上

辺野古の座り込み. 辺野古の座り込みは、従来からの「座り込みテント村」では、毎日、午前8時より午後4時まで行っています。 2014年7月から座り込みをしている「ゲート前座り込み」は、24時間体制です。 個人で来られる皆様. 予約等は必要ありません。

政府は沖縄県のアメリカ軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けて、きょうにも埋め立て海域で土砂の投入を開始する予定。 移設工事を早期に進めることで、辺野古移設の是非を問う来年2月24日の沖縄県民投票や、夏の参院選への影響を抑えたい考えと見

しかも、沖縄県の試算では、18年末から辺野古南側海域で強行されている土砂投入の総量は、19年10月末現在、大浦湾側を含む埋め立て工事全体に

開始の沖縄知事「暴挙」 対抗の方針 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省は25日、埋め立て工事の第

工事を受注した業者に中止するかどうか意向を確認したところ、現時点で希望する社はないという。 防衛局を訪れた赤嶺政賢衆院議員(共産)に、西村拓次長が明らかにした。辺野古では2日も埋め立て工事

ジュゴン生息海域の生物多様性を基地建設による破壊から守る。 沖縄島東海岸・辺野古。 絶滅危惧種・ジュゴンの餌の海草(うみくさ)が広がり、最も重要な生息地の1つであるこの海を埋め立てて、米軍飛

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、国は沖縄県の埋め立て承認の撤回の効力を一時的に停止

沖縄県宜野湾市の米軍・普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非を問う県民投票が2月24日行われた。辺野古沿岸部の埋め立てについて、「賛成

もうひとつの裁判においては、沖縄県による埋め立て承認撤回の適法性、正統性が初めて争点となります。 防衛省は、近いうちに沖縄県に軟弱地盤の改良工事の設計変更を行う方針です。辺野古新基地建設を許さない闘いは新たな局面に入ります。

【沖縄防衛局が焦りまくって、早くも埋め立て本体工事の入札を公告】 沖縄防衛局が24日、辺野古埋め立て本体工事の6件の入札公告を強行したことは同局のこらえられない焦りを示しています。着工についてタイムスは「本年度内にも」、新報は「15年6月ごろまで」、時事は「来春

辺野古ゲート前の抗議行動と埋め立て工事の状況 2020-03-10 22:54:53 | 米軍・自衛隊・基地問題 10日(火)は天候が悪く、海上行動は中止となったので、キャンプ・シュワブのゲート前に行って、1回目の資材搬入に対する抗議行動に参加した。

沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は27日、那覇市の県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題は、国が海の埋め立てに向けた工事を進める中、沖縄県の翁長知事が、工事を止める有効な対抗策を

沖縄県は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、前知事による埋め立て承認を31日に撤回します。県幹部が30日、明らかにしました。防衛省沖縄防衛局への聴聞の結果、県は工事の

政府は、多くの沖縄県民が辺野古移設に反対する中で工事を強行してきた。 今回の見直しで、その工事の前提さえ崩れた。 このまま埋め立てを

「辺野古埋め立て計画の中止を要望する」。瀬戸内海の乱開発を告発している市民団体「環瀬戸内海会議」は昨年12月、防衛省や沖縄県などに

政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、埋め立て用土砂を沖縄県内で調達する方向で検討に入った。県内で必要な量を賄うめどが立ったためだ

しかし工事は止まらず、この一年、辺野古ブルーの海には連日褐色の土砂が投入されています。沖縄の民意は、どこまで無視されなくてはなら

沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は14日午前8時半、県土木部の海岸防災課に「本日、埋め立て工事に着手する」と連絡した。 玉城デニー知事は午前9時ごろ県庁に登庁し「官房長官、防衛相に工事中止と協議を申し入れ

【東京】名護市辺野古の新基地建設で埋め立て工事に使う土砂や軟弱地盤の改良で使用する砂を巡り、沖縄防衛局は27日までに必要な土砂は県内産出分で全て調達可能との調査結果をまとめた。県外土砂を

辺野古埋め立ての差し止めを求めた訴訟で、沖縄県の控訴を棄却した. 一審の判決を支援したため; ニュース記事を読む. 辺野古工事差し止め、二審も認めず高裁那覇支部| 日経電子版. 辺野古工事の差し止め、沖縄県の控訴を棄却福岡高裁| 朝日新聞デジタル

「辺野古 埋め立て」に関するニュース・速報一覧。「辺野古 埋め立て」の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。2019/12/25 – 辺野古移設、最短12年=費用拡大9300億円―防衛省見通し – 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、防衛省は25

すでに辺野古の埋め立て工事は始まっている。 埋め立ての賛否を問う県民投票であるならば、賛成ならこのまま埋め立て工事が進み、反対なら埋め立て工事がストップすることができるべきである。

沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に反対する市民らは24日、護岸工事の開始から2カ月となる25日を前に海上パレードを

新型コロナでも辺野古工事は中止せず 「濃厚接触」?市民と近い警備員、マスクなし. 沖縄タイムス 3/3(火) 5:10配信 . 辺野古の埋め立て作業の海域(資料写真)

沖縄の声は無視され、海が埋められていく。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に伴い、名護市辺野古沿岸部への土砂投入が始まって14日で1年。2月の県民投票では埋め立て反対の民意が示されたが、政府は工事を強行し続けている。日本の民主主義とは何か――。沖縄は問い続け

政府は25日午前、沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部で埋め立て工事に着手した。埋め立て予定地の堤防と

自民政治家が辺野古工事請負業者から献金を受けていたことが話題ですが、あれとて氷山の一角でしかありません。辺野古工事は基地問題を利用した壮大な税金バラマキプロジェクト、暴走する巨大利権ビジネスです。その利権構造の一部を画像にまとめ

米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄 が終わっても、辺野古北部の軟弱地盤の改良や埋め立てという難工事が待ち受ける。 辺野古の

埋め立てなど新基地建設工事については「本土」の大手ゼネコンやマリコンが受注競争でしのぎを削っているようなので、沖縄の建設業界はそこに割り込もうとしています。 防衛省は埋め立て費用だけで約2300億円と試算しています。 〔参考記事〕

午後になってK9護岸から土砂の陸揚げが行われ、辺野古側の埋め立て工事が再開された。K9護岸の奥に三本足の監視カメラらしきものが設置されていた。K9護岸に面した崖の一部が崩辺野古側の埋め立て工事

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は9日、埋め立て工事のための土砂投入作業を続けた。米軍キャンプ・

オール沖縄会議は、辺野古新基地建設に反対し、 「オール沖縄」で求めた「建白書」を実現させるための支援と活動を行っています。 みなさまのご支援を心よりお待ちしております。

辺野古埋め立て工事は「続行」 新型コロナ感染防止策で沖縄防衛局 受注業者に「中止の意向なかった」 琉球新報 3/2(月) 15:44配信 日本政府が米軍の新基地建設を進める名護市辺野古沖(小型無人機で撮影)

iwjのカメラが大浦湾海上へ! 国の埋め立て工事が頓挫する可能性?! 沖縄平和市民連絡会・北上田毅氏に聞く――ぎぎまき記者による沖縄取材3日目 2015.3.7

辺野古埋め立て工事現場の新区域(手前)では厳重な警備の中、2カ所同時に土砂が投入された=3月25日、沖縄県名護市 どれも(c)朝日新聞社. 辺野古の埋め立て工事に反対する大規模集会。メッセージボードを掲げて中止を訴えた=3月16日、那覇市

「沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされている名護市辺野古沖の埋め立て承認を巡り、国が沖縄県を訴えた裁判は、埋め立て工事を中止して双方が協議するなどとする裁判所の和解案を国と県がいずれも受け入れ、和解が成立しました。

しかし工事は止まらず、この一年、辺野古ブルーの海には連日褐色の土砂が投入されています。沖縄の民意は、どこまで無視されなくてはなら

沖縄の辺野古埋め立て県民投票 冷静になって欲しい 沖縄の辺野古基地新設埋め立て工事の是非を問う県民投票今日行なわれています。沖縄県民の米軍基地を無くし、静かな沖縄を返して欲しい。と言う思い解らなくも有りません。誰だって静かな騒音の無い暮らしを望みます。 米軍基地からの

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県が国を相手取って工事差し止めを求めた訴訟の判決が13日、那覇地裁であり

Back to top